お店に展示されている緑色と黄色のソファー

インテリア業界について

顧客の二極化

お店に展示されている緑色と黄色のソファー
インテリア業界では現在顧客の二極化があります。
主に、大量生産をして安い価格で販売するお店と、職人さんが作った家具やブランド品などを扱うお店に分かれています。
最近では、安価なお店が人気の傾向があります。
良いものが安く売られるようになり、何を基準にして購入するか、顧客によってさまざまに分かれます。

インテリア業界は古くからある企業が多いのも特徴です。
家族経営である場合が多く、高齢者の経営者が多い業界といえます。

インテリアと言っても、家具だけではなく、いろいろな商品があります。
カーテンや、電飾機器等も取り扱います。
また、近年インテリアショップではインテリア以外のものを取り扱うことも多くあります。
その例に、電化製品があります。
オリジナルブランドの確立なども進んでいます。
また雑貨などを取り扱う店舗も多いようです。
このように多様化しています。

ネットビジネス

インターネットの普及により、インテリア業界ではネットでの販売をするところが多くなっています。
ネットの場合は、消費者は自宅にいるまま買い物が出来ます。
また、商品説明も詳しく載せることが出来るので、説明をしなくても良いのです。
消費者にとって商品を手に取って見ることはできませんが、じっくりと比較をしながら選ぶことが出来ます。
そしてコールセンター等の設置により、不明点を質問したり出来るのも魅力です。
インテリアの商品は大きいものが多く、ネットで購入して自宅まで配送してもらえるのも良いところです。

ネットが普及する中、店頭でしか買えない商品を店舗に置くことも良いかもしれません。
例えばアウトレット商品や現品限りの商品などを置くことにより、顧客が増える可能性があります。

オンリーワン

大量販売とは違い、オンリーワンな商品を取り扱うのも良いでしょう。
例えば家具職人が作った家具は高級なものが多いですが、機能性、デザイン性が優れていることが多くあります。
そういった商品を選ぶ顧客も少なくありません。
低価格な商品との差別化を図ることも戦略となるでしょう。

インテリア業界は現在、大量生産で安い価格で販売できる企業が伸びていますが、従来の職人さんが作ったものを扱う企業もどっしりと構えています。
これからの時代にあった戦略を生み出すことが、今後のインテリア業界を大きく左右することでしょう。

トップ