ハンバーガーとポテト

ファーストフード業界について

戦後浸透した食文化

ハンバーガーとポテト
現在の日本に欠かすことができないとされる食文化の代表格がファーストフード業界です。
手頃な値段で提供されていること、短時間で商品が出されることが大きなメリットとして多くの人に支持されています。
ファーストフード店といえばハンバーガーや牛丼、ドーナツ、アイスクリームなど様々な食品の種類があり、誰でも気軽に利用できるのが人気の秘密になっています。

市場規模について

ファーストフードはアメリカが発祥の地で、日本には戦後伝わってきたものですが、本場であるアメリカの市場規模を確認してみるとアメリカ国内だけの収益で約1910億ドルにも達しています。(平成25年現在)
これは世界各国に存在しているフランチャイズ店も含まれているため、世界規模の大きな市場規模が存在していることがわかります。
様々な国にフランチャイズ店を展開していますが、近年はアフリカへとビジネスチャンスを増やす会社も増えています。

アメリカでは肥満をはじめとした健康被害を及ぼす原因になっているのはファーストフードの影響が強いと言われていますが、最近は健康志向の高い商品を提供しているファーストフード店も登場していることから、今後は時代や消費者のニーズに合った商品提供が期待されています。

日本の市場規模は平成25年に3兆円を超えていることから、かなり大きな市場規模を誇る業界であることがわかります。
しかし、外食産業全体が伸び悩んでいるため、ファーストフード業界も例外ではありません。
食の安全性についても問題が指摘された会社がいくつか存在していたことから、消費者の間でファーストフードに対する不信感が増したのも事実です。
今後は安全で安心して食べられるファーストフードを展開することが期待されています。

ファーストフード業界の課題

早くて美味しい食事を提供してくれるのがファーストフードの魅力ですが、高カロリー、添加物のリスクなどを考えると健康面に不安を感じてしまいファーストフードを避ける人も増えています。
そのため業績不振に陥って店を閉める事例が増えており、市場規模もどんどん低下するのではないかと考えられています。

そこで今後はできるだけコストを削減して、安全性の高い商品を提供するという課題をしっかりクリアしなければいけません。
この問題を同時にクリアするのはかなり難しいものですが、現在のままでは消費者のニーズに答えられないというお店がとっても多いので、業界全体が衰退の一途をたどるのは目に見えています。

従来の安くて早いというイメージを一心し、高級志向で安全な商品を早く提供するというイメージを狙うお店も増えています。
時代の流れをしっかりと先取りしながら、ニーズに合った商品を的確に提供することがファーストフード店の生き残る術だと言えるでしょう。